ちなみにプロミスにもあったグレーゾーン金利を知る


プロミス
消費者金融を語るときには欠かすことができないのが黒歴史です。
今でこそ消費者金融やキャッシング会社と呼ばれているものではありますが、その当時はサラ金と呼ばれていました。
サラ金という言葉自体はそもそもサラリーマンが利用する金融会社という意味であり元の意味は悪いものではありませんでしたがいつしかサラ金と言えば金貸し屋、そんな意味に使われるようになっていました。
プロミスもレイクもアイフルもアコムもその一つです。
消費者金融はすべてサラ金と呼ばれ怖がられている時代がありました。
そんな中であったのがグレーゾーン金利です。
現在でこそインターネットがあり個人であっても様々な情報を入手することができる時代です。
金融庁のホームページを開けば貸金業に関する法律を閲覧することができますし、総量規制が何かと調べればその情報元は何よりも正確な金融庁のものを見ることができます。
これほどに私たちが確実な情報を簡単に手に入れることができるようになったのは近年のこと。
それまではグレーゾーン金利と言われたところで、消費者金融の金利は高くて当然のものと考えていたでしょう。
高い金利であることを承知のうえで借りていた、それが当時の消費者金融との付き合い方だったものです。
今でいう闇金業者というところでしょうか。
今はグレーゾーン金利の撤廃が行われ、法律に基づいた金利で営業を行っています。
当然のことと思われるかもしれませんが、それが当然ではない時代も確かにあったということです。

関連記事

福岡で即日融資可能な消費者金融


お金は借りるな
福岡県は九州地方のもっとも人口が多い県で、最近では海外からの観光客にも人気があり、年々増加傾向にあります。
そんなか福岡市は、九州旅行の起点として名前もよく知られており、中洲の屋台や博多ラーメン、水炊きといったグルメも人気があります。
博多には多くのキャッシング会社がありますが、やはり初めて利用するときは大手消費者金融なら安心して申込みができます。
なかでもテレビCMでも知られているSMBCコンシュマーファイナンスの「プロミス」は14時までに契約が終わっていればその日にお金が借りられる即日融資に人気があります。
プロミスの申込条件は年齢20歳から69歳までのかたで、安定した収入があれば正社員に限らず、パートで収入を得ている主婦のかたやアルバイトで収入を得ている学生でも安心して申込みができます。
ただ、申込には審査が有るので申込をしたからといって必ず借りられるものではなく、場合によっては審査に通らないこともあります。
申込には事前に用意しておく書類があり、必ず必要になる書類は本人確認書類で申込者が本人であることを証明するための運転免許証や健康保険証、パスポートなどのどれかひとつでよいので用意して置かなければなりません。
インターネットから申込みをすると、場合によっては約1時間くらいで契約でき、遅くとも14時までに契約が完了してれば指定口座へ振込をしてもらえます。
またプロミスの会員サービスは利用者にとって大変利便性のあるサービスも用意されているので、会員登録をすることをおすすめします。

関連記事

今日中に50万円のお金を借りるには?


キャッシングの利用者がどれくらいのお金を借りているのかを調べてみると、おおよそ10万円から50万円までが一番多いようで、消費者金融のキャッシングは50万円を境としてお金を借りる方法が変わってきます。

消費者金融で50万円を借りるときは、50万円を境にして提出書類が増えます。

50万円以下の借入希望額の場合、必要書類は本人確認書類の運転免許証や健康保険証、パスポートなど)どれでもひとつがあれば審査は受けられますが、借入希望額が50万円をこえる場合や、他社でも借入れが有る場合は、他社の借入残高と借入希望額の合計が100万円をこえる場合は、本人確認書類以外に収入証明書類として源泉徴収票や直近の給与明細書などの提出を求められます。

50万円以上の借入をしたいとき、なぜ収入証明書類が必要になるかと言えば、貸金業法の総量規制から、融資限度額は年収の3分の1以内という制限があるため、審査では借入希望額がこの範囲をこえていないかの確認をしなければならないため、収入証明書類の提出を求められます。

そのため、借入希望額が50万円以下であれば、本人確認書類の提出だけで済むので今日中にお金が必要なときは、借入希望額を50万円以下にすれば即日融資が受けられやすくなります。

銀行カードローンは貸金業法の適用を受けないのでほとんどの銀行は100万円以下の借入希望額の場合、100万円以下の借入希望額であれば、銀行カードローンで申込めば本人確認書類の提出だけで審査は受けられます。

関連記事